土地活用にはいろいろな種類があり、収益性も違います。またリスクも異なります。大きく区分すれば二つでしょうか?1番目は短期間に多額の現金を得たいタイプです。2番目は長期的に安定的な収益を確保したいタイプです。土地活用する方法によっては多額の軍資金が必要な場合もあります。

そういった金銭的な負担でも耐えることができるのかをしっかりと勉強しておきましょう。土地の周辺環境や立地条件でも向き不向きもありますから現状を冷静に判断して課題になることを洗い出すと失敗しないでしょう。今回は【土地活用をする場合に知っておきたい種類のポイント!】についてまとめておきたと思います。

■土地活用の種類にはどういったものがあるのでしょうか?

1番目は、土地売却をするパターンです。あなたが不動産会社と媒介契約を締結します。不動産会社はあなたの土地を購入してくれる人物や企業を探します。購入者が見つかれば土地を売却することになります。土地に魅力があれば不動産会社が購入することも珍しくありません。

2番目は、等価交換するパターンです。所有している土地に店舗などの建物を建てている状態にして売却する方法です。購入する相手は土地を手放す代わりに新しく立てた建物を取得できるという「等価交換」をするのです。

3番目は、駐車場経営をするパターンです。あなたの土地を自動車の駐車場として賃貸する方法で最近良く見かけるようになりました。屋根がない通常の青空駐車場の場合はコスト負担も少ないです。立地条件が良ければ立体駐車場にするのもありでしょう。

4番目は、定期借地(一時金方式)のパターンです。50年以上の長期の期間を設定して土地を貸します。地代は最初に一括で受け取る方法です。借地契約期間が満了すれば土地は必ず戻ってきます。所有権はそのままで維持したままでOKなのが特徴です。まとまった資金を手に入れたい場合には有効でしょう。

5番目は、マンションやアパートを経営するパターンです。あなたが所有している土地にマンションやアパートを建築します。それを賃貸住宅として入居者に貸して家賃収入を稼ぐ方法です。これは税制面での利点が大きいです。そして、賃貸住宅のニーズはある程度、固定されてます。土地活用の方法の主流ではありますが、空室のリスクがあることは頭においておきましょう。

土地活用をする場合に知っておきたい種類をまずはご覧くださいませ

6番目は、商業ビルやオフィスビルを経営するパターンです。大きな土地と資金力があるならば、こういった方法もあります。上記のマンションやアパートと同じように所有している土地に建物を建築して賃貸契約を結びます。対象になるのは店舗や会社になります。マンションやアパートと比較すると賃料は高くなります。その反面、建築コストや経営リスクは高くなりますので、これがデメリットです。

7番目は、ロードサイド店舗の経営をするパターンです。こちらの広大な土地がある場合で立地条件が良い場合には有効です。テナントを誘致することが大切です。そういったクライアントが見つかれば大規模店舗やショッピングセンターとすれば良いのです。問題はロケーションで幹線道路沿いの広大な敷地があるならば有効な土地活用になるでしょう。二つの方法があって、一つ目は土地を貸して地代を得る方法で、二つ目は建物を建築して賃貸して賃料を得る方法です。