賃貸経営において不慮のリスクというのは、やはり災害になります。誰も予知することができませんので、こればかりは運が悪かったというしかありません。ただカバーをすることができるリスクになります。災害に対して備えていれば、家賃収入を減らすことなく、賃貸経営をすることができます。

必ず入っておきたい保険は、火災保険と地震保険です。火災保険は賃借人も入ることになりますが、これはあくまでも賃借人の賠償責任の回避です。部屋が起こす火災と言えば漏電や放火、また隣人の火災が燃え広がった場合は、オーナーの責任になることがありますので、火災保険は入っておきましょう。

また水害や台風などの気象による災害も火災保険でカバーできることが多いです。あと地震保険は必須です。日本は特に地震が多く、建物に損害が起きた場合のことも考えて地震保険には必ず入っておきましょう。たとえ損壊があったとしても、それでカバーすることができます。

火災保険と地震保険は、賃貸経営において必ず求められます。中身をよく確認してから契約をしましょう。そのようなことが起きてしまうと収入が減少してしまうでしょう。ローンの返済もありますので、そのようなことにもカバーしておかないといけません。家賃補償特約がある保険もあります。

また建物の老朽化に伴い、入居者や通行人に怪我を負わせた場合に施設補償責任保険があれば、安心して経営をすることができます。それらにも視野を広げて入ることをおすすめします。