土地活用をする場合には土地を売却して現金化する方法もあります。今回は【土地活用する場合に土地を売却する方法】についてご紹介します。

■土地を売却することも立派な土地活用方法です
土地は所有しているだけでは資産にはなりませんし、負担になることになってるケースもあります。土地を保有している場合は都市計画税や固定資産税がかかるからです。将来を考えると相続税が負担になってくることもあります。土地を上手に活用して儲ける仕組みが出来ればベストです。

ですがロケーションや土地の形や広さによっては有効活用できないこともあるでしょう。そういった場合は売却によって現金化することも選択肢の一つに選ぶべきでしょう。その売却益で得た現金での活用を考えるのもありです。借金をしている場合や相続税の納税資金が必要になる状況ならば土地を売却することで上手く展開することもあります。

このように不動産を売却することも活用方法としては良い場合もあります。

■円滑な売却をするには納得する価格を引きだすこと!
先祖代々から引き継がれてきた大切な土地です。当然のことですが適正価格で売却したいのは誰しも考えることです。そして、あまり手間をかけず出来るだけ短期間に売却して欲しい希望がある人が多いです。ではどういった売却のプロセスがあるのでしょうか?まず、不動産会社の調査があるでしょう。

現地調査だけではなくて周辺の住環境や法律的な制限などをチェックします。近隣の土地の相場や取引の実例を参考にしたり土地の形やニーズの有無を考えながら査定価格を提示してくれます。その査定価格に納得すれば媒介契約を締結することになります。